はじめの第一歩

広島の大学生(18歳)平和公園ガイド日記です🕊️できることから一歩ずつ

自己紹介

はじめまして。

平和公園で原爆のことについてガイドをしています。

広島の大学生(18歳) みずきです。

f:id:youthpeace:20170530224627j:plain

↑ photo by 三登さん

ボランティアガイドグループの "FIG" (Free and Informative Guide) に今年の5月から所属していて、休日などの時間があるときに活動しています。

英語が大好きなので、外国人の方にもガイドをしています。

 

 

今回は私がガイドをはじめた きっかけについてお話しします。

 

私は、広島生まれ広島育ち、小さい頃から学校で平和教育を受けてきました。

おじいちゃんは被爆者です。

でも、元々は原爆や戦争のことに全く興味がなくて、正直、

「8月6日の登校日 面倒くさいな」

「原爆のことはもうやりたくない」

と思ったことがあります。

 

 

高校生になって、英会話の先生に誘われて原爆・平和関係のイベントや活動に参加するようになりました。

はじめは、全く原爆のことに関心が無かったのですが、活動をしていく中で自然と興味を持つようになりました。

 

ある日 その英会話の先生に言われたこと、

「今まで被爆者の人たちは、命がけで私たちのために平和を守ってきたんだよ。でも、私たちが ちゃんと引き継がなかったら、彼らの努力が無駄になってしまう」

 

この言葉を聞いて、はっとしました。

 

そっか、私たち若者が 本気で平和について考えて 行動していかないと、

もっともっと多くの人が過去に何があったのか知っていかないと、

また同じような悲劇が起きる。

私も何かしなくちゃ。

 

そう強く思い、危機感や使命感のようなものを感じました。

私の「平和のために何かしたいスイッチ」が入った瞬間でした。

 

 

高校2年生の夏、

学校で『高校生 英語でガイド』というチラシを見つけて、友達と一緒に参加しました。

f:id:youthpeace:20170603215847j:plain

ここでは、平和公園の碑めぐりの時に使える英語を教えてもらいました。

 

そして、このイベントに参加したのがきっかけで、自分たちで 自主的にガイドをするようになりました。

 

f:id:youthpeace:20170603221117j:plain

"Peace Park Guide Tour" と書いた紙をもって、声をかけてくれた人にガイドをしました。いろんな国の人と触れ合うことができました。

知識も少なく、相手の質問に上手く答えられなかったり、英語で自分の考えを伝えるのが難しかったけど、とにかく すっごく楽しかったです!!

 

 

高校卒業後、

一緒にガイドをしていた友達が東京に行ってしまったので、その子とガイドをするのは難しくなりました。

それでも、大学生になったら何かしたいなと思っていました。

 

そんな時、ある原爆についての勉強会で FIGのメンバーである 村上さんにお会いしました。

http://ameblo.jp/masa7891011/

村上さんは24歳で、毎日平和公園でガイドをされています。

ネットで彼の記事を読んで感動しました。

 

なんじゃこの人!!!

若いのに自分の考えをしっかり持ってて、かっこいい!!!!!!!

こんな若者になりたい!!!

 

と思いました。

 

f:id:youthpeace:20170603235253j:plain

その後、

「私もガイドを一緒にやりたいです」

と伝えて、ガイドグループ FIGに入れてもらうことになりました。

 

大学生になってもガイドを続けることができて嬉しいです(^^)

 

私は まだまだ勉強不足で、知らないことがたくさんあります。

だけど、自分が行動することで 少しでも多くの人が、原爆や平和について興味を持つようになったらなと思います。

これから頑張っていこう!

 

できることから一歩ずつ。